• タミフルの使い方とクラリスを併用する目的

    2016年8月10日

    インフルエンザウイルスは、抗原連続変異や抗原不連続変異を繰り返すへマグルチニンが感染細胞のシアル酸糖鎖と吸着する事で感染細胞でウイルスの脱殻が行われ、感染細胞の遺伝子情報の書き換え増殖の為のタンパク質やリボ核酸の複製を可能とします。増殖したウイルスは、シアリダーゼの作用によりシアル酸糖鎖から遊離して...

    記事の続きを読む