• 服用に時間制限のあるタミフルと患者の熱性けいれん

    2016年7月11日

    インフルエンザは、1日から長くても3日の潜伏期間を経て発症後48時間でウイルス増殖のピークをむかえる為に、38℃を超える発熱を引き起こす為に熱性けいれんの発症リスクが高く、生後6ヶ月から6歳程度の小児は特に気を付ける必要があります。 タミフルなどのノイラミニダーゼ阻害薬は、インフルエンザウイルス表面...

    記事の続きを読む