タミフル服用後の低体温からの回復

タミフルはインフルエンザの治療において効果的な経口薬で、症状が発症してから48時間以内に服用することで効果を発揮します。作用機序からノイラミニダーゼ阻害薬と分類され、ウイルスの増殖を抑えることから症状を軽くし、インフルエンザの回復を早める効果があります。主に治療に利用されますが、その作用は予防にも適していると言われており、場合によっては予防薬として処方されることもあります。いま現在でのタミフルの地位は高く、インフルエンザの治療で最も使用される飲み薬ですが、副作用も多いのが特徴です。その中でも低体温に陥ることがあると言われており、平熱よりもさらに0.5~1度ほど体温が下がることがあります。一般の人は解熱によって体温が下がっていると勘違いしがちですが、タミフルには解熱効果はありません。ウイルスの増殖を抑えて、数が減ることで熱は自然と下がりますが、服用して1日や2日ではウイルスは不活性化することはなく、まだ生きているので熱が下がったとしても服用を中止することは危険なので注意しましょう。タミフルを使用してインフルエンザから回復するまでに、最短でも5日間は必要となり、処方される薬も5日分となっているので、必ず飲みきるようにします。飲みきった後でも低体温から回復することがない人もいますので、万が一でも平熱より低い体温となった場合は、かかりつけの医者に相談するようにしましょう。特に乳幼児に低体温が見られ、脳症や肺炎などの合併症も起こりやすくなるので、親はしっかりと経過観察をする必要があります。成人でも低体温になることがありますが、平熱と同等であれば安静にしてインフルエンザの治療を優先するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る