タミフルが高いのは会社の利益目的?

タミフルというとインフルエンザの特効薬として良く知られている薬ですが、病院で処方してもらった際の価格はそれなりに高額になるということも良く知られています。
実際にインフルエンザと断定されてからタミフルを処方される場合でも3000円前後、予防目的となると保険適用にならないため診療費なども合わせて6000円ちかくがかかってくることが少なくありません。
そうした高い価格設定をみるとタミフルを製造している会社が利益を目的として値付けをしているのではないかと勘ぐってしまうこともあるでしょう。
結論から言えば全く利益を目的としていないということはありません。
製薬会社と言っても会社である以上は利益を出さなくては存続していくことが出来ませんし、存続できなくなれば結局高品質な薬を作ってくれる会社はこの世から消えてしまいます。
そのため高い価格が利益を確保するためだということは一つの事実であると言えるでしょう。
しかしながらただ単純に利益のためだけに好き勝手に値段を付けているのかと言うとそうではなく、特に日本国内では薬に設定される価格が不当に高いものにならないように薬価を決定するシステムが存在しています。
例えば新薬の価格を決定するにしても類似薬効比較方式という方法で既に存在する似た効果を持つ医薬品と比較して価格を決定する仕組みがありますし、それが出来ない場合でも製薬会社が提出する原価の情報を参考にして薬価を決める原価計算方式などがあります。
それにあまりにも安い価格で売ると本来必要な人が手に入れられず、お金を多く持っている人が「念のため」などの理由で不必要に買っていくリスクにもつながります。
費用負担は誰にとっても悩ましいものとなるのは事実ですが、こうした理由がある以上会社だけが悪いのだとして考えるのは正しいことでも無いのです。

ページの先頭へ戻る