ジェネリックメーカーが増えるタミフルと訪問介護

タミフルはインフルエンザ治療薬として最も知名度が高いものの一つであり、日本においては市場に登場してからまもなく国による備蓄すら始められるという状況が生まれました。インフルエンザの流行は毎年起こるものであり、それがパンデミックになることもしばしばあります。そのため、国をあげての対策が必要となっているのも事実であり、その目的を達成するのに有用な治療薬としてタミフルが注目されたからです。一方、タミフルの有用性は治療効果だけでなく、その高い信頼性のある予防効果にもあります。医療従事者や訪問看護を行う人のようにインフルエンザを罹患してしまう可能性が高い人にとっては信頼性の高い予防策が必要であり、服用している間はほぼ感染する可能性がないといえるタミフルの予防投与は重要な手段となっています。しかし、訪問看護の場合には保険適用で処方してもらうことも難しく、ハイリスクとなる高齢者の介護をするために各家庭を訪問して介護を行うという社会的に重要な仕事をしていながらも、インフルエンザを広めてしまうリスクを負わなければならないことになっています。しかし、ジェネリック医薬品の登場によってその手配が行いやすいようになってきました。タミフルは人気の医薬品ということもあってメーカーも多数あります。メーカーによって名称も異なれば、効果にも違いが生じる可能性もあるのは事実です。しかし、個人輸入を行えばどのメーカーのものも安価に購入できるという状況にあり、それによって仕事をしている間にインフルエンザに感染してその感染を広めてしまうリスクを考えると利用を考慮する介護従事者も多くなってきています。安価さにおいてジェネリック医薬品は強く、訪問介護を行う人は注目すべきものでしょう。

ページの先頭へ戻る